上田市御所にある人工透析専門の診療所です。

住  所:〒386-0033 長野県上田市御所674番地 FAX:0268-25-3220
営業時間:月・水・金 8:00~22:30 火・木・土 8:00~17:30 日曜休診

0268-27-3006 0268-27-3006

上田透析ブログ

上田電鉄3並び記念乗車券

2021/03/22

3月3日(水)に上田電鉄の窓口にて、3月3日の「ひな祭り」と「千曲川橋梁開通」をイメージした乗車券セットと人気キャラクター鉄道むすめを使った「ひな祭り」「春」をイメージしたセット2種類の乗車券が発売されました。

当院の「乗り鉄」であるスタッフが購入したとのことで撮影させてもらいました。とても可愛らしいデザインですね。

2019年10月に千曲川橋梁が被災しましたが、当院も地下駐車場が浸水しエレベーターが使えなくなるなど、多くの被害がありました。当院は被害から復旧していますが、通勤中に見える千曲川橋梁の工事が続く様子を見ていると、災害の恐ろしさや復旧の困難さををあらためて感じます。災害が無いことが一番ですが、いつ災害が起きてもよいように日頃の準備が大事ですね。

シトラスリボンが届きました

2021/02/25

先月の記事でシトラスリボンプロジェクトをご紹介しましたが、スタッフ内でもリボンの製作をしようかと話があがっていた最中に、丸子中央病院の事務さんからリボンが届きました。

和紙の水引で作られており、色合いもシトラスの柑橘色になっており丁寧に作りこまれています。お仕事の合間や休憩時間に作って頂いたと思いますので、スタッフ一同大切にしていきたいと思います。


シトラスリボンを付けているスタッフが患者さんから「それは何?」とお声がけをいただく事が増え、シトラスリボンプロジェクトについて知っていただく機会が増えました。コロナウィルスのワクチン接種が始まりましたが、まだまだ油断はできません。誰でも感染する可能性があります。感染者への差別や偏見を無くしていきたいですね。

シトラスリボンプロジェクトをご存知ですか?

2021/01/11

連日、長野県も新型コロナウィルス感染者が多く報告されていますね。気分も暗くなりがちですが、そのような中でコロナウィルスに感染しても皆で笑顔で暮らしを取り戻していこうと活動されているプロジェクトをご紹介します。

シトラスリボンプロジェクトとは、誰もが新型コロナウイルス感染症に感染するリスクがあるなか、たとえ感染しても地域のなかで笑顔の暮らしを取り戻せることの大切さを伝え、感染された方や医療従事者が、それぞれの暮らしの場所で「ただいま」「おかえり」と受け入れられる雰囲気をつくり、思いやりがあり暮らしやすい社会を目指す、愛媛県の有志グループ「ちょびっと19+」が進めるプロジェクトです。
引用:長野県 みんなで広げよう!シトラスリボンプロジェクト https://www.pref.nagano.lg.jp/jinken-danjo/citrus_ribbon_project.html

シトラスリボンは愛媛特産の柑橘にちなみリボンやロゴで表現する3つの輪は、地域と家庭と職場(もしくは学校)を表しています。

コロナウィルスの感染が広がることにより、巷では感染者や医療従事者への差別や偏見が大きな問題となっています。誰もがいつ感染するかわかりません。しかし、感染後も笑顔で地域に迎え入れられることで不用な差別や偏見が無くなり、地域の活性化に繋がっていくと良いですね。

新年のご挨拶

2021/01/01

あけましておめでとうございます。

皆様方におかれましては新春を晴々しい気持ちでお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年はコロナウィルス感染症の流行により、皆様も大変な1年であったかと思います。今年は穏やかな年になると良いですね。本年も患者様をはじめ、地域の皆様の健康をサポートできるよう尽力してまいります。

2021年もより一層のご支援を賜りますようクリニック一同心よりお願い申し上げます。

火災報知器の設備点検

2020/12/14

12月になり、寒さが身に染みる季節になりました。冬は乾燥のために感染症が流行りますが、火災にも気を付けないといけませんね。

先日、上田透析クリニックでは、消防法に基づく火災報知器の定期点検を行っていただきました。画像をご覧になっていただくとわかりますが、天井に届く長い棒の先に火災報知器を包み込む金属の器があり、そこから煙を少量噴出させて作動の確認を行っています。毎度の事ながら大変な作業でありますが、上田透析中の全ての火災報知器を1個1個丁寧に確認してもらっています。

みなさんも火災には十分に気を付けてお過ごしくださいね。

新しい透析用監視装置(コンソール)が設置されました

2020/11/16

今までフォトギャラリーに画像と共にイベント内容なども掲載していましたが、これからは、日々の出来事をブログにまとめてお伝えすることにしました。透析施設を身近に感じていただけるブログになれば幸いです。

さて、先日、新しいコンソールが入りました。上田透析も御所へ移転してから10年以上が経過し、コンソールもだいぶ経年劣化が進んできました。現在は、年に数台ずつですが古くなったコンソールの入れ替えが進んでいます。新しいコンソールでは、リアルタイムにKt/vが計測できたり、i-HDFなどの透析モードも使えます。患者さんにより良い透析治療を提供できるように日々がんばっております。

ちなみに画像に写っている方は、いつもお世話になっている日機装の提携先の丸文通商のエンジニアの方です。コンソールに異常が発生するとすぐに駆けつけていただいています。

PAGETOP